LOVE!LIFE!ENJOY!

オタクライフENJOY至上主義

ハシとキクがもう1度

 

ひねったタイトルでもつけようかと思ったんですが、無理でした。なんかもう、考えるのもすごい体力使う。なんだこれ。かと言って考えないことも出来ない。なんだこれ。本当になんだこれ。語彙がぶっ飛ぶ。

 

A.B.C-Z橋本&河合『コインロッカー・ベイビーズ』再演決定「チーム一丸となって頑張ります」 | ORICON NEWS

 

橋本良亮&河合郁人、『コインロッカー・ベイビーズ』再演で新たな挑戦 | マイナビニュース

 

橋本良亮と河合郁人がW主演舞台で異例のWキャスト - ジャニーズ : 日刊スポーツ

 

メモとして貼るニュース達。

 

ほんとに、再演ですって。

 

 

 

望んではいた。ほんとに、再演してほしい、また見れるなら見てみたい!と。

一方でそんなことはもう起こらないと思っていたからこそ、だからこそ、願っていた部分もあったとおもう。

それが、こんな形で実現するなんて。

 

 

はしふみで、ハシキクをやることはもちろん。

役の入れ替えをするなんて。

 

 

最初、ハシがふみとくんでキクがはっしーだったというのは有名な話でして、それがほんとに実現するなんて。

当時見たファンの方のツイートで、「原作を知っていたから最初聞いた時は逆かと思った」というのを見て、A.B.C-Z初心者の私は言ってる意味が全然わからなくて、キクは河合くんだけだろ!って思ってたけれども、でも今ならなんとなくわかる気がする。

 

一方で、河合くんがキクで、はっしーがハシというのもものすごいしっくり来るものであって、納得でもある。ハシの脆さ、キクの強さはなんか通じるものがあると思うし。

 

とにかく、当初の思惑通りの配役が実現するなんて!!とワクワクがすごい。

 

朝だった。

 

 

 

 

 

じわじわと考えると、もはや吐き気がする、泣きそう、自分の気持ちがわからない。なんだこの混乱。

 

 

はっしーはキクをやってみたいと言っていたし、はっしーのキクはなんとなく想像できる。はっしーのハシの方がイメージとしては想像しにくい。

 

問題は逆だ。

 

河合くんのハシを、私は見ていられるだろうか。

 

弱く、狂っていくハシを。

 

 

ハシを演じる河合くんを想像したら目眩がした。見てられるんだろうか、ほんとに。

 

そもそも、当時観終えた感想として、「オタク的には自担じゃないから受け止められるけど、自担がやってたら真正面から受け止められる自信がない。」だった。

ぱんぴーでも目を背けたくなるような狂気を、私はきちんと見つめられるだろうか。

 

ハシがハエの話をするとき、舌をきるとき。

見てられるんだろうか。

 

 

 

 

朝はものすごい興奮で、これは大変なことになったし、チケット取らなきゃって感じだったけど、でも最早そういう問題じゃないかもしれない。

 

コインロッカーベイビーズ再演を見に行くには、ものすごい体力と精神力がいる。間違いない。

覚悟決めて、見に行かなきゃ。

 

 

 

 

彼らにとっても、私にとっても大切な再演が始まるんだ。