LOVE!LIFE!ENJOY!

オタクライフENJOY至上主義

のど自慢、感想!

こんばんは!!

お久しぶりの投稿となってしまいました。かれこれしている間に盛りだくさんなアルバムが発売されたり、コンサートの当落だったり……いやぁ夏はすぐそこ!!

 

で、色々触れたいものはあるのですが今日も今日とて現場レポ。

のど自慢の話をします!

 

 

今年の頭から、五関様、戸塚さん、塚ちゃん、と来てやーーーーっと郁人くんの番!!!

 

 待ってた!!待ってたよーー!!という感じでした。

 

 

 

(以下ネタバレ含みます)

 

 

 

で。初見の感想。

 

顔面が綺麗。

 

バブい………!!

 

 

 

 

いやいや私だってね、お芝居見に行った感想として一番最初に来るのが俳優の顔の話だっていうのにはめちゃくちゃ違和感はあるんですよ。

しかも私は日頃河合くんのことを「カッコイイ」と思っているタイプのオタクです。「ふみちゃん(5)かわいい~~~♡♡♡」っていう愛で方をしてるタイプじゃないんですよ。

だけど、これはね…いやぁこれはね…!バブかった…。いくらなんでもさすがにバブいだろ…。この私ですらすべての語彙力を放棄してもうバブい、バブい…って繰り返したくなるレベルなんですよ、もう。

お芝居全体を通してって訳じゃない。部分的にめちゃくちゃバブいだけなんですけど、とにかくそこで被弾してしまって…ねぇ!!!(机バンバン)

 

 

 

「いたいっ…!ほらぁうごかなくなっちゃったぁ~。あっいたいっ…ああっ」

 

「おわかれいやだぁ~うっ…うっ…ううう…うえ~ん…うっ」

「おまえももっとなけぇ…!もっとかんじょうこめて…ううっ」

 

「やっぱりさんぱつしませんんん…!」

 

「おねぇちゃんがいい!おねえちゃんじゃなきゃいや!おねえちゃんおねえちゃんおねえちゃん!」

 

 

1幕と2幕の間にはもう魂抜かれて「あぁ…可愛い。かわいいかわい。かわいいよ、かわい。かわいいってかバブい…うっうっ…うっ…バブい…うっうっ」と呟くだけの身体になっておりました。

 

まじ、須谷ちゃんでもたもっちゃんでもなく、最早私は「たもったん」と呼びたい…泣 そのくらいかわいい…。可愛いよ~バブいよ~ってむせび泣きながら太平洋を横断出来るくらい可愛い。やばい、バブい。

(ちなみに可愛いとバブいは併存状態です)

 

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

で、バブいバブい言いながら萌え転がっていたら2幕ラストの越冬つばめみながら目を潤ませてる顔面が綺麗すぎる…!!!

 

顔面が綺麗すぎる!!!!

 

 

ユネスコの人見てるーー??こんな美しい人まじでいないから今すぐ保護して!!国際的に保護して!!!!A.B.C-Z丸ごと遺産認定してぇーーー!!

 

 

そして、ラストはたかちゃんとシンメで踊り出す…!!!!

 

キラキラがえげつない……。

 

ずるい!ずるいよ、河合くんんん泣(錯乱)踊り出した瞬間あんなにカッコイイなんて…あんなにキラキラするなんて…アイドルすぎるやんか……眩しい…眩しいし、キラキラが溢れすぎて絶対河合くんの原材料ラメ!!絶対ラメ!

 

フミトークで言ってた通り、踊り好きなんだなぁ、と思うとなんかもうものすごい感情の渦が巻き起こって。

ほんと踊りキラキラすぎたよ…泣 たかちゃんとのシンメもやばかったし、ジャニスピード宝塚ジャニの4並びで踊り出したのもやばかった(やばい)

初日おめでとうございます、の意味も込めて何度も何度も力強く拍手して1回目の観劇(29日夜初日)を終えました…。

 

 

 

おわかりの通り、正直初回はもう河合くんのビジュアルと声にやられてまじでお芝居どころでは無かったです。(ダメオタク…!私の中のちえみがダメオタクだって怒ってます)

 

 

で、6月30日昼

 

今度は昼公演ということもあり、とにかく客席のノリがいい…!客席のノリがいいから、演者もそれに乗っかってアドリブ乗せたりノリノリで歌ったり、、改めて舞台ってこうやって観客もきちんと一つの装置として機能するから面白いなぁ、と思いました。

 

で。今回は1階10列以内の超良席!

 

肉眼で細かなお芝居が見える分、&2回目だから…笑、めちゃくちゃお芝居が入ってくる!

 

まず冒頭の営業シーン。

はぁあ…ってため息が出るほどたもっちゃんの顔が綺麗なのはいわずもがな。

滑らかなセリフ回しと、所々で光る溜め。そしてアドリブ返し。

 

お芝居で司会をする河合くんはキラキラ生き生きしていて。

ああ、是非河合くんに地上波で音楽番組の司会をして欲しいなぁ~と強く願わずにはいられないのでした。

 

そしてけいこさんとのシーン。一生懸命けいこさんを説得してたのに「知り合いです」って紹介したり、でもなんだかんだけいこさんには叶わなくて、でもお互いぞんざいに扱えるくらい距離感は近くて。そして須谷ちゃんの熱さも伝わる。

 

つまりは、この後物語の鍵になるにも関わらずほとんど描写のないけいこと保の関係を最初に描くシーンであり、かつ、こちらもその後の物語の鍵になるにも関わらず描写の薄い須谷ちゃんと麗子さんの関係が最初に描かれているという案外重要なシーンを、あんなに軽妙にやってのける河合くんは他の皆様の言うようにお芝居が上手くなったのかもしれない。

なんかねぇ、ちゃんと見たらちゃんとそういうお芝居があった、というか。

 

あとはもう、わたしも婚約者になりた~~い!!!(大の字)

 

どう考えてもあの会話を河合くんと出来るの、羨ましすぎるでしょ!!!!!

 

けいこさんとのシーンシリーズでは、散髪のシーンもさぁ。

 

「フィアンセです」

「こいつ俺に惚れてるんで!」

 

 

 

くぅ~~~!!

すきーーー!(単純)

 

1幕も2幕も物語を回す潤滑油となるのはいつも須谷ちゃんなんだけど、その須谷ちゃんをサポートしてるのがけいこ。まさにマネージャーのマネージャーという感じで。

近くで見ると、こまかーく2人でアイコンタクト取ってるの♡

チラッチラッて2人で目を合わせては微笑んだり、息を合わせたり、安心したり……。

ラブラブかよ~~泣泣

 

不覚にもSPEED様に嫉妬しそう…笑

 

あんな風に2人で協力してのど自慢に挑んだら、麗子さんをケアしたら、そりゃあマネージャーのマネージャーになるよね…!と想像できる。

(それがわかるような歌やシーンがないのは残念だけど)

 

 

淳一に怒るのは正直私も唐突だと思うし、わかるような分からないような?気がするんだけど、その後の淳一への反抗と受容と、旅立ちっていうのが河合くんの表情のお芝居から伝わってきて。あの流れも1階で見たらストンと落ちた。

 

ほんと険しい表情で立ってて、険しいような悔しいような、、。

河合くんの苦い表情大好きクラブの会員だからめちゃくちゃもーう好きなお芝居だった。

 

 

ていう寺西くんめちゃくちゃカッコイイねー!こんなにカッコイイ子だと思わなかったし、こんなに歌える子だと思ってませんでした…。ひっじょうに素敵でした。寺西くんバンザイ!

 

 

まぁ話は戻るけど淳一関連のたもったんは淳一へのイライラと麗子さんが歌うのを辞めちゃうかもしれないことへの不安とが不可分になってぐちゃぐちゃぐるぐるしてる感じのお芝居が好きだったなぁ。

 

 

とにかく!!(まとまりがつかなくなってきた) 

河合くんの表情のお芝居が好きだなぁって思いました。応援屋さんの時も思ったけどね!

 

そんなこんなで東京千秋楽。

 

冒頭のシーンで麗子さんが須谷ちゃんに突如モノマネを振ったwww

 

ラジオで、お芝居ではハハハって笑うようにしてる、と言っていた河合くんだけど、キュキュキュっていつもみたいに笑っちゃって、でおててで顔を覆った後にはもーう真っ赤になってて♡

 

そんな感じでしたが、SMAP夜空ノムコウを歌う木村さんのモノマネをバッチリキメる河合くん!!!

はぁ~~生で久々にモノマネ見れた♡

 

その後もチラチラとアドリブがだいぶ増量、笑 

 

肩を叩かれていたいっ!の所も「マイケルジャクソン」とか言い出すしw

 

理容室で歌唱指導していたら

「綺麗な顔してますね」

「よく言われます」

 

ですよねーーー!!!そのくらいのイケメンだもんねぇ。

 

須谷ちゃんが結構町の人とアイコンタクト取って仲良くなってるところが見えてきてお芝居全体が良くなってた気がする…!!

(気のせいかもだけどちょいちょい台詞も修正された?)

 

最終日ということで、ダブルカテコではスタオベのスピードが早い!笑

森さんのオタクがいい感じに掛け声入れてたw

 

トリプルカテコでは河合くんからもご挨拶!!

「いつもは自分のファンの方が来てくださる舞台が多いんですけど、今回はいろんなジャンルのファンの方に来て頂いて…」

(ジャンルに笑われたからか)

「あ?ルー大柴さんみたいになっちゃいました?www あの~なので、知名度も上がったと思います!!」

(郁人くんに盛大な拍手)

 

ほんとにそうだねぇ。と思って私もグッと来ました。だってありえないくらいお花来てたし、森さんのオタクもヅカも、SPEED担ともすれ違ったし笑

ほんと次に繋がってほしいねぇ…!

他の共演者さんが話してる時に前田さんに話しかけられてて郁人くん、いいカンパニーで愛されてるなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

正直、ココ最近の外部舞台の中では物語的にあんまり私の好みじゃないかなぁという感はあった笑!

役者はいいのに、映画をそのまま起こしたから舞台展開が上手くないし物語も広がってるからまとめるのが難しいなぁ、と。

でも、まさに歌の力で見てる間めちゃくちゃハッピーで楽しい!歌ってないのに私も歌った後みたい!

そういう理屈じゃない楽しさがある舞台でした!!音楽の力だね!

 

 

でね、やっぱ「河合郁人!!」って言われて1人で舞台の真ん中に出てくる河合くんはめちゃくちゃ頼もしくて、かっこよくて、単独外部出演おめでとうございます…!!って素直に思った。

誇らしかった。

決して古株じゃないから、彼がどんな思いでやっとここまで来たかは語れない。けど、国際フォーラムのドセンに立つ郁人くんはただただかっこよかった!

舞台で出会った私が、1年後また河合くんを舞台で見ていられることが本当に幸せだと思った。

 

楽しかったよ!ありがとう、河合くん。

 

 

まだまだ地方も続くから頑張ってね!!