LOVE!LIFE!ENJOY!

オタクライフENJOY至上主義

櫻井翔ラップ大賞2017①selected by ゆう

こんばんは、ゆうです。

 

最近?てかちょっと前?(ネットの流れは早いからついていけないわ)に流行して見てて楽しそうだった櫻井翔ラップ大賞2017を遅ればせながら開催しまーす!ドンドンパフパフー!!


あ、ちなみに韻の踏み方の流れがもうハンパなく好きで、ここがこうタイトになるのがたまらないんすよ!みたいな話はあんまり出来ない…ただただここが好きだ!!みたいな話しかしないと思います…笑(そういうのは皆様の方が詳しいかと)

 

 

 

いざ。

 

シングル部門

 

1位

Believe

 

これはもう個人的に誰に何言われても1位。ていうか私はこの曲が嵐の曲の中で一番好きなんですよ。

第1の理由としては、私が人生で初めて自分のお小遣いで自分の意思で購入したCDで、泣いても笑っても一曲しかない私の嵐デビュー曲です。初めて、きちんと聴いた曲がこれだった。

だからこそ、人生の大事なタイミングには必ず聴いていた曲。

入試の朝、バレエの本番の前、当落の日、修学旅行に出発する日、、、大事な時を彩るのは絶対にこの曲。

 

で。ラップの話ですよね。

私にとって初めて聴いた「櫻井翔のラップ」はもちろんこの曲です。

と、いうか人生で初めて「ラップ」なるものをきちんと聴いたのはこれが初めてです。最初は…びっくりしたのかな、ラップなるものに触れて。きちんとは覚えてないなぁ。ただ一つ確実に覚えているのは『rap詞櫻井翔』の表記に愕然としたこと。えっ、えっ、えっ、、この人が書いてるの!?えええ。って。

 

そして忘れられないのがMステ。

 

 

頭上に悠然とはためく

漠然とした夢を掲げ

 

あのパワー。

溢れんばかりの熱。目力。

 

CDとは明らかに違う、力漲るそのラップに圧倒されたことを覚えています。

 

うっわ………こ、これが、Rap、。

 

 

 

その後のコンサートでも幾度と披露されて来たこの曲。

私はもーうとにかくこの後半のパワーが爆発するような歌い方がたまらなく好きです。好きすぎて揺るぎない1位です。

本当に好きすぎてコンサートでイントロかかった時のキャーが絶叫に近くて隣の友達にドン引きされたことありますまじで。

 

で、これがまたほんとにリリックが爆裂良くないですか?やばくないですか?ほんとまじでやばい(やばい)

 

一体何をしているんだろ

一体何を見ているんだろ

一体何に生きているんだろ

僕はもう…嗚呼走馬灯のよう 

 

 

になることって人生であるじゃん。

 

一体…?っていう単なる虚脱感に包まれる日。

あるいは、目の前の物を信じられなくなったり、目標を見失う日。

あるいは、一体…!!って自己嫌悪に取り憑かれる日。

 

色んな解釈が出来るけど、そういうしんどい夜がある。

でも、でも、でも、そのまま聴いていくと「ずっじょーに」ってパワー爆発な後半がある訳ですよ。

 

頭上に悠然とはためく

漠然とした夢を掲げ

この道の先はまだまだ見えず

失敗からしか何一つ学べず

空の向こう

超えるためのこの人生の抑揚

あの頃の未来向かい

時代に期待せずも進むMy life

 

前半で凹んでるから後半はパワー爆発!と、言って無謀に自分を元気づけてる訳じゃない。「しんどいけど俺は世界最強だからオールオッケー」みたいなぬるい自己肯定に逃げたりしない。

 

自分の弱さも、不器用さも、全部認めて、ボロボロで、でも…!!こんな所で腐ってたまるか。立ち止まってたまるか。逃げてたまるか。こんな時代のせいにしてたまるか。大人になる振りをして諦めてたまるか。

馬鹿にされてもいい。無邪気に見た夢を、漠然とした夢をまだまだ追いかけてやる……!!!

 

っていう、怖いくらいのパワーを感じる。馬鹿みたいに真正面から闘う姿勢。

 

立て…立つんだジョー!って立ち上がる時の狂気に近いパワーっていうかさ。

 

水無しで砂漠のど真ん中歩いてて倒れたんだけど、科学では立証不可能な力で立ち上がってそのまま歩くんじゃなくてむしろ全力疾走しちゃうみたいな。

 

ドロドロ狂気みたいなパワーを感じるし、そういう力が自分にも湧いてくる曲。最高。大好き。たまらん。

 

だってさ、しんどい時に、一緒にしんどくなって共感してくれる訳でも、空元気をくれる訳でも、現実から逃がしてくれる訳でもなくて、こんなに現実見せつけられて真正面から闘うことを推奨するのに不思議と力が湧いてくるリリックまじで他にないと思ってるんだよね…。

 

この曲だけなんだよ。私的に。

 

ちなみに飛ばしちゃったけど

小さいプライド守るため

誰かを不意に傷つける

昨日も今日もそうだろうが今日は今日でどうかしよう

 

も、あるある、というかわかるわかるポイントだと個人的に思っていて。

日常で言葉のナイフをプライドに任せて不意に振ってしまう時。

後々の苦々しさ、それを知ることにより自分の弱さを認めることになるしんどさ。

 

翔くんの日常を生きる感覚って、ものすごいフツー…っていうか、少なくとも私と近いのかな、と思わなくない。

誇り、と呼べるほど大したものじゃないプライドが、確実に大切なひとを傷つけるとき。

そんなプライドなんかより、大切な人や夢や目標の方が大切だってわかっているのに、うまくいかない。どうしようもない。

とにかくどうかしよう、っていう。わーーーもうなんかわかる。(言語化しろ)

 

 

長くなったけど、BelieveのRapのリリックが好きだっていう話でした。

てか、SHOBEATで「俺は韻踏むためにラップ書いたことなんかねぇっていってんだろ(半ギレ)」みたいなこと言ってるSHOWが好きなんですが、まーほんとにきちんと意味を持った言葉の連なりですよね....。そのまま詩集として発表できるんじゃないかっていうくらいの。

 

アイドル櫻井翔のラップだから、聞く人は基本的にアイドルファンであってHIPHOPを好んで聞く人じゃない。こういうアーティストの影響受けてるとか、尊敬が見えるとか、韻の踏み方カッコイイです、ってところは多分一番大事なところじゃなくて。

もっともっと一般ピーポーでも楽しめる&理解と共感を呼べるラップであることがある程度必要で。特にシングルカットされる曲に入るラップは。

聞きやすさとラップらしいかっこよさとリリックの強さと日常感のバランスが絶妙だなぁ、ともこの曲のRapに関しては思っております。

 

 

 

 

 

 

え、待ってまだ一曲目だけど??笑

あーこれ流行るのわかるわ。書いてて超楽しい。

2位以下はなかなか順位つけられない.......。

 

強いていうなら

2位きっと大丈夫

裏話(サビと重ねようとおもったけどごちゃごちゃするから間奏持ってきたみたいな)とか小ネタとか工夫が楽しいのと長めにラップしててその翔さんがめっちゃカッコイイってのと。

 

「夢はでっかくこう描ーーーーーーく!!!!!」

 

って国立でどや顔でシャウトかます彼がたまらなく彼な感じで好きです。

それこそまあCOOL&SOULとかが言霊だねぇって話は共通認識だけど、きっちりシングルでも未来予想といいますか、言霊ぶちかましてる気持ちよさ。

それが「きっと大丈夫」なところもいいよね。なんか私も「きっと大丈夫」って思えるよね。

 

3位Step  and Go

まもなく来る3月4月にめっちゃ聞きたくなるやあばい曲。(頭わるそうな表現)

風の向こうへと迷ったし、サクラ咲けとも迷ったけど、、、、。

本当にいい言葉たちだなぁと思って。声に出して読みたいサクラップですよね。

え、だってこれStillあたりで出会いと別れのリリックを放出しちゃってやっべーもう持ちネタないよー的な状況で書いてなかったっけ?何?最強なの。あー最強だね、知ってた!知ってた!!

 

包み込む日々が輝きだすのは

時がそれを彩り光るから

 

 

これ書ける翔さんは、うまく言えないけど「きちんと青春した」人なんだなぁって感じる。

学校っていう特殊な空間にきちんと通って、そこで友達作って、楽しいだけじゃない、それこそ”最高の退屈な日々”があって。

それは、関係性の変化じゃなく、6年、3年、3年、4年、っていう外部の時間で終わりを告げて、永遠みたいだった限られた生活が終わり、長い長い学生じゃない世界が開いていくっていう.....。

13歳で「ジャニーズ事務所」入って、17歳で「嵐」なったけど、そういう感覚を確実に持ってる彼が好きだなぁと改めて思うのです。何度も言われたことだと思うし、ありきたりではあるけど。そして、彼の過ごした青春なるものが多少特殊なこともまたきっと真実だろうと推測されるけど。

 

そういう翔くんの感覚が好きだって話でした。

 

そういう感覚の話でいうと(脱線)

大学入るくらいにはジャニーズやめようと思ってた話で、インタビュアーさんが「大学でなんかやりたいことがあったの?」って聞いた時。(ソース思い出せない....)

しょう「特にない。17,8の子なんてそんなもんでしょ。大学入って、やりたいことでも探して、どっか会社就職しようかなっていう感じ。」

 

私、この受け答え、ちょう好き。

初めて聞いた時、泣くかと思った。

え....翔くんでもそういう感覚だったんだ、って。

 

小学校の作文なんかじゃ「プロ野球選手」って書いてもちやほやされる将来の夢や目標。そこからろくなキャリア教育もなしに、中学校高学年から高校生になったら「現実的で具体的な将来像を定めたうえで」進路を選べという話になるしんどいシステムを日本の進路指導方針は取っているらしいのですが、これがしんどくなった時にどーーんっとこの翔さんのコメントに出会うとなんかもう安心しましたw

そんでもって、神みたいにできた人だなぁと翔さんに対して思ってるけど、そんな神ですら迷い、不安だったんだ、と思うと頑張れる気がしてくるのがオタクのいいところ。

なんの話かわかんなくなってきたけど、そういう「一般的な(?)」感覚を持ち合わせた翔くんとそこから紡がれる言葉たちが好きだっていう話でした。

 

 

で、続いてアルバム曲部門、と続きたいところだけど、、長くなってきたし、ここでキレがいいのでひとまず終了!

わーーまさかシングルでこんなことになるとは思ってなかったよ。

てか、ラップ関係ないことしゃべりすぎでは???私???

ってことでまずはシングル部門でした!