読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE!LIFE!ENJOY!

オタクライフENJOY至上主義

プラトンの一元論と嵐。~こんなオタクに私はなりたい。~

 

こんにちは、こんばんは、ゆうです。

 

私は政治哲学が好きな訳でも、それを専門として学んでいる訳ではありません。今学期一般教養として履修している政治学の先生がたまたまとても面白い人でかつわかりやすいので、ふと考えたことをメモっておこうと思います。

 

その程度の知識&聞きかじったことを元に思考してますので、かなり学術的にはいい加減かと思いますがそこを議論したい訳ではないのでツッコミはご容赦願いたいです…。

 

 

 

その授業はプラトンの一元論とアリストテレスの二元論を比較していました。

 

アリストテレスは、過去の延長として現在がありその先に未来がある、という考え方をするそうです。

過去から未来に向かって思考します。

つまり、1ヵ月前60点だったのが今70点になっていたらこのペースなら来月は80点くらいかな、っていう感じ。

過去を基礎として未来を規定して行きます。

 

まぁ現実主義的な感じですよ。

 

 

一方プラトンは、理想主義的。

今の自分は仮の姿であって、将来は化けて必ず理想の姿になれるはずだ!

絶対に化ける!!ていう確信がある。

だから今はその理想の姿から逆算して、それに近づくための努力をすればいいんだ!!

 

つまり未来から現在に向けて思考します。

 

まぁ理想主義的な感じ。

 

 

私これ聞いて、嵐めっちゃプラトン!て思ったんです。ていうか嵐めっちゃ一元論!って。(頭の中がクソジャニヲタなもんでねw)

 

だってですよ、2002年に「俺らジャニーズ代表…嵐is in da house yo」と。

 

翔くんのラップにも嵐自体の在り方としても、それこそ芸能界で一番なりたいから「あ」で「A」とか。

将来、絶対化ける!っていう思考の下、進んで来たような気がして。

 

アリストテレス的な考え方したら嵐は絶対今の姿は計算出来ないはず。

ジャニーズ事務所内でのランキング8位くらいだった嵐が名実ともにジャニーズ代表になった、理想の姿(?)に化けたんですよ!!

 

「TOPになりたいって夢、絶対かなえようね。」を当時の嵐担以外のジャニオタはみんな鼻で笑ったとか笑わなかっただとかいうじゃないですか。

そんな嵐が、2016年現在こんな嵐になった。

嵐は、未来から逆算する努力の下で、化けた。

ほんとにジャニーズ代表になった。うわぁ、まじ一元論。

 

 

先生は直木賞を取った作家の方を例に挙げていました。あとは40過ぎて食べれるようになった陶芸家の方を。

 

先生はどちらが正しい考え方ということはない、と。

ただ、苦しい時に支えになるのはプラトンの方だと。

 

周りの人間は頼んでもいないのに「無理だ」とか「冷静になって考えろ」「現実的になれ」と言う。そういう風に言われると、絶対できないように感じる。それであきらめてしまう。

 

だからこそ持つべき友人は、プラトンみたいな考え方のやつだと。

「大丈夫」「お前ならできる。」って言葉をかけてくれる人間とつるみなさいって先生は言ってました。

 

 

そこで、私(クソジャニオタ)は思いました。

 

これ、アイドルのファンに言えるんじゃね......!!!??

 

 

売れるために、もっと上を目指すために、現状を打破するためにアイドルを批判することもアリだと思うんです。悪口じゃなくて批判なら、愛ゆえに出ることもあるでしょう。私がそれをやめろ、ということは絶対に絶対にできないと思います。それはそれで大いにアリです。悪口いうならやめちゃえ。

 

でも、私個人としては「大丈夫」「君たちならできるよ」って言い続けたい。

 

かつての嵐担さんが、こんなコンサートができる嵐は大丈夫だって思ってたみたいに。もう夢の先にいる嵐に対しても、夢を追うえびに対しても。

絶対あなたが思い描いた未来が来るよ、って言い続けるオタクでありたい。

大好きなあなたの夢は絶対叶うよ、って言い続けるオタクでありたい。

 

 

例えば、嵐が、月でコンサートするとか。

えびがドームツアーするとか。

 

 

もう十分だ、って彼らが言う日まで。信じるよ。

 

信じることがすべて~♪

 

そんな風に思った私でした。

 

 

 

....日頃こんなことばっかり考えてるから、こないだ友達に「人生でジャニーズ以外のことに集中できなくない?」って突っ込まれました。集中できるかできないかはわかんないけど、何事もジャニーズで思考しちゃうんだなぁ~~!笑

しかもこんなこと書いてないでほんとに政治学のレポートやらなきゃ~泣