読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE!LIFE!ENJOY!

オタクライフENJOY至上主義

えび座2016 10月7日夜に行って来た、感想。

A.B.C-Z 現場

 

五関様.......、、、ぁ、、(遺言)

 

 

 

 

これじゃブログにならないっすね笑

こんばんは、ハルです。(えびちゃんの時はこちらの名前です)

 

もしもタイムマシンがあったとして、4か月前に戻れるなら。

2016年6月7日の私にこう言います。

「お前、明日、人生変わるぞ。」

 

そう、まさか、まさか、4か月後、日生劇場で拍手してるとは思わなかったよ!!!!!(机バンバン)

 

って、私がいかに落っこちたかはまた別の機会に話します。今日はえび座。

 

(以下、ネタバレ含みます)

 

個人的えび座で舞台なのに思わず叫びたくなった場面ベスト3

 

 

 

第3位

河合くん、原材料ラメ?????

幕が開いたとたん、目を引くきらめき具合...!!

さらさらのお髪が華麗なダンスに合わせて揺れるたびに、キラキラァ....サラサラァ....ときらめいて、思わずかわいくん!妖精の粉とかアイドルの粉みたいなのこぼれてるよ!!!!!って叫びたくなりました。

あとはやっぱり幕開けてなんだかんだ目が行ってしまう五関様の視線の吸引力。

現場に行くたびに、気づいたら双眼鏡で五関様を追ってる時があって...そう、思えば五関様の強大な力は開幕から客席をつかんでいたのです.......。

キラキラふみくんはもちろんショータイムも健在。この公演では、ショータイムはハット着用ふみくんだったのですが、時々ハットを持ち上げて、前髪を後ろに流し、かぶりなおす!その仕草がなんともセクシー....。溜息もんです。

出演者紹介で舞台中央を向きながらかぶり直した時なんか、客席からは横顔拝みながらハットかぶり直してるのを見れるわけですよ!ハットかぶり直すたびに、ハットの中からシャラシャラ~ってアイドルの粉が濃度高めで放出されてました(白目)

順番前後だけど、2幕頭のOne More Kiss、大好きっす。幕開いた瞬間、んん?あそこだけ照明強くない?ってなった(それはかわいくんが自担だからに違いないけど)

さっきからキラキラって言ってるけど、すごくセクシーでもあって、あでやかとも違うし、なんだろうなぁ!!!!もう!

2番の代る代る歌う振りかっこよかった。ううう。言葉にできない。

 

 

 

 

第2位

そして軽率に殴り掛かるふみとつ。

ふ、ふ、ふみとつぱらだいす....!!

っていうかかわいくんの女優帽、、素敵すぎ、、大女優ですか、、、。

ふみくん演じる修也は早口でセリフいっぱいあってテンポが大事で大変だなぁと思いました。(モンペ感)

なにより「幼馴染」なふみとつ。胸熱。

やばい。互いが互いを一番わかってるし、尊敬してる感がやばい。それをふみとつがやってるってやばい。

そのまま踊って歌うってやばい。腐れ縁~♪って.......(失神)

傘を使ったダンス、もともと好きだから余計に。

腐れ縁・イン・ザ・レインって~~~~~(ごうなき)

歌と踊りを通して登場人物の気持ちや関係性を伝えるのがミュージカルならば、ミュージカルの曲として今回トップレベルで伝わったしわかりやすい音楽と踊りだった。

主演が5人もいる分、全員の関係性や心の変化を丁寧に書くのは難しいから河合くんの語りが入るんだろうけど、荒木とジョーの「関係性」はすごくきれいにこのシーンに埋め込まれていた気がするのは私だけですかね....。(観劇経験がほとんどない)

ちなみに、かわいくんのお芝居素敵でした。短気で毒舌だけど根はやさしい荒木修也は表情にきちんと出ていて。(まぁ双眼鏡で確認するのは自担のお顔だから細かく表情見れるのはかわいくんくらいになってしまうのですが)

ゆみこさんの娘さんのお話しをきく修也の顔が優しすぎて優しすぎて(泣

 

 

 

第一位!!!!!

桂馬様...........ァ、、、(そっと墓に入る)

 

思わず声を出しそうになった場面ベスト3だけど、1位に関しては「....ァ」っていう声にならない声を出してしまって、ふと我に返って言葉を止めました。たぶん聞こえる音量じゃなかったと思うけど、お隣の席の方ごめんなさい。てかみんなよく発狂しないで座っていられるよね!!!!!?

桂馬様のシーンはどこももう信じられないくらいかっこよくて、心の中で「ガッッッッッッコイイイイイイイイイイイイイイ」と叫んでました。

もし、私が4か月前に行ったのがコインロッカーベイビーズじゃなくてえび座2016だったら絶対五関担になってた。間違いない。

特に2幕。まず、「桂馬のジレンマ」

酔っぱらって歩いてきてビンをぶん投げてるシーンだけでもうくそかっこよくて、白米250グラムと言わず1キロくらい食べれそうな勢い。

で、一人でダンスで魅せる。

 

圧巻。

 

声を出しそう、とかじゃなくて、このシーンだけは誰もが五関様のダンスに釘付けにさせられて、むしろ呼吸さえできない。

ダンスでこんなにも思いを伝えられるものなんだ、って初めて知りました。

桂馬さんの揺れ動く思いがドンっと表現されていて本当に圧巻。息するのも忘れる。

ああいうコンテンポラリーなダンスをきちんと見たのも初めてで、本当に感動した。

あと桂馬様のお衣装はぴたっつるっとした素材のスキニーでして。それが、五関様の細くて長い脚を強調しててたまらなかった。

たぶん私がゾンビになったら「脚ぃーーーーー」って奇声をあげながら最初に五関様の脚にしがみついて引きずると思う(錯乱)(どんな例えだよ)

(ちなみにかわいくんの脚もタックル決めたいくらい好き。しがみつきたい。)

 

その後、酔っ払い桂馬様×いしけん。突如始まる桂馬様の小話。

(全世界が桂馬さんのGAPで崩壊する音)

情緒不安定桂馬様最高ですか!!!!!?

 

そ!し!て!CATANAとの対決シーン。

Deliciousに乗せた殺陣がもうかっこいいの閾値を優に超えた。

 

待って、え、もう、無理、え、やばい。(語彙力)

 

SLTで初めて生五関様を見た時も思ったけど、えびの現場行くと五関様が「五関様」と呼ばれる所以を体感する。会場の空間すべてを制圧というか支配できる。

これができる人間を大野智しか知らなかったのだけど、五関様もできる。

大野さんは、完全に「静」の世界に支配できるけど、五関様は静の世界に空間を制圧したあと、熱い揺らぎとか熱波みたいなので自身が制圧した空間にいる人を殴ってきて、その効果はじわじわと支配から解放したあとに効いてくる。みたいな。(伝われ)

(ちなみに私は今、その五関様の攻撃がじわじわ効いてます)

 

そんでもって仲間の姿が見えて、ピンチを応援して、最終的に逆転するって!!オタク大好きよ!そういう展開!!胸熱。

 

はぁーーーーーー。にしても五関様の殺陣かっこよすぎた。

ってか、将棋のシーンが殺陣になる演出が大変かっこよかった。

 

 

で。最後よくわかんない白馬に乗って登場するっておいしすぎるだろ!五関様!

SLTのSLBoy木馬よりもある意味シュールで笑ったわ!!!!

馬までもってく五関様完敗だわ!!!!!!

 

 

惜しくも、ベスト3には入らなかったけれど? 戸塚田マッスルアイランドも最高でした!

髪も切ったし、チェーンネックレスだし、戸塚くんエロすぎて卑猥すぎて?吐くかと思いました。とつくんえろすぎ。

 

 

 

 

初めてのジャニーズ舞台観劇、大満足でした。

セットが目まぐるしく変わるし、いろんな仕掛けがあるし。ほんと「エンターテインメント」って感じだった。ただただ楽しくて幸せになれる。

私たちファンが見たいものをぎゅっと詰め込んだうえできちんとお芝居にもなってる。感激でした。

嵐は、ファン層が広い分最大公約数を探るために、一般的かつ普遍的なエンターテインメントとしてクオリティの高いものを提供していると思う。ほかのアーティストと、世界と勝負できるようなできるだけ多くの人がが唸るものを。

一方、えびさんはまさに今客席にいる「私たち」ファンが見たいもの、をバシッと出してくる。最高の、「ジャニーズの」エンターテインメントを高いクオリティで出してくれる。そんな気がしました。どっちがすごいってことじゃないんだけど。

すごいかっこよかった。

 

余談ですが、2階席からだから、奈落がぱっくり開いてるのがもろ見えでして。結構ギリギリのところで、T5T踊ったりするから、奈落に落っこちないか心配しちゃった。相手はプロだからそんな心配無用なのかもしれないけど。歌舞伎役者の人が、奈落に落ちてけがしたのを思い出してしまった。

 

かっこいい!が詰まってたなぁ。はぁ。幸せな空間だった。

 

来週ももう一回いくのでワクワク。

 

ってことで、初のABC座。Enjoyしてきました~~~!!!